Quintオフィスを選択する:

リーンIT

強く、しなやかで、俊敏な、成長し続けるIT組織を育てる

ビジネスの成長、組織の成長、そして、その組織に所属するメンバーの成長は私達が追求し続けているものです。

ITを使いこなせる企業が急激な成長を遂げることができる、と言われるほどに、ITはビジネスにとってなくてはならない存在となってきました。このことは、逆に考えると、ビジネスの発展や変化に柔軟に追随し、時にはビジネスを牽引できるような存在であることをITが求められていると言えます。

「アジャイル(Agile)」は、それを実現するための一つでしょう。顧客ニーズを捉えながら、短期間でそれを形にして使えるようにし、少しずつどんどん追加し、改善していくための方法論です。

2015年のガートナー社の発表以来、改めて脚光を浴びている「DevOps」も、開発と運用がコラボレーションすることにより顧客ニーズに素早く柔軟に対応するという意味で、目指すところは同じです。

これらを実現するための基本として、

  • 顧客指向であり、自ら進んで顧客の声を聞きに行く姿勢を持っていること
  • いかにして完璧を実現するかを追求していくこと
  • 顧客にとっての価値を実現する以外のムダを排除すること
  • 互いの意見を傾聴し合い、建設的な意見を出すこと
  • 関係者と協力し合って、より高みを目指していくこと

というような人材と組織を育てていくことは非常に大切です。
そのヒントが、トヨタ生産方式を参照して成長し、フレームワーク化された「リーンIT」にあります。

私達は、「リーンIT」や「DevOps」「アジャイル」等の世界的に受け入れられているフレームワークや概念と、私達のコンサルティングの中で培ってきた経験に基づき、コンサルティングと教育を提供いたします。

~ご参考~

LITA設立
2014年3月1日、リーンITの世界中の成功事例を集め、言葉や概念を統一し、その知識と能力を育成し評価するスキーム構築を目指し、非営利組織LITA(Lean IT Association)が設立されました。

DASA設立
2015年3月2日、DevOpsの成功事例を集め、言葉や概念を統一し、その知識と能力を育成し評価するスキーム構築を目指し、非営利組織DASA(DevOps Agile Skills Association)が設立されました。