Quintオフィスを選択する:

ITIL® 教育

高付加価値のITサービスを提供する人材を育成する

 

ITサービスマネジメント(ITSM)を実践する人材を育成することは、高付加価値なITサービスを提供するための必須条件です。

私達は、皆様の組織のITSM人材育成を支援します。

  • 皆様の組織の目的・目標や課題に合わせた人材育成計画作成の支援
  • 資格試験(下記)のための認定教育コースの提供
  • その他、ご要望に合わせたカスタマイズコースの開発と提供

組織のITSM人材計画の参考になるものとして、ITIL® の認定スキームがあります。
ITIL® の資格レベルは「ファンデーション」「インターミディエイト」「エキスパート」「マスター」の4階層に分かれています。

ファンデーション
基礎レベルの資格です。
ITSMとITIL® の基本コンセプト(概念)やキーワードを理解することを目指します。
IT組織の全ての方が対象です。

インターミディエイト
中級レベルの資格です。
ライフサイクル・モジュールとケイパビリティ・モジュールの各種コースとプラクティショナの全10コースがあります。
プロセスマネージャやサービスマネージャ等、現場のメンバーやITサービスをマネジメントする人材を目指します。

エキスパート
ITIL® 全般について詳しい知識を持ち、メンバーやマネージャの相談役となる人材を目指します。

マスター
IT組織に対してITSM/ITIL® を実際に導入・活用し、ITサービスの価値を向上し、ビジネスに貢献する人材を目指します。

この資格だけは、試験ではなく、実績が論述とインタビューにて評価されます。